深夜に芥川龍之介『羅生門』を読み返す🌖