彡(゚)(゚)「発達障害の辛さが原住民にわかるかな…わかんねぇだろうな…」



    1
    彡(゚)(゚)「ワイ、発達障害やねん」

    (´・ω・)「だから?」

    彡(゚)(゚)「生きづらいし、かなり辛いんや」

    (´・ω・)「それを俺に言って何がしたいの?」

    彡(゚)(゚)「...」

    (´・ω・)「かまってちゃん♪」

    4
    彡(゚)(゚)「なんでそんな辛辣なんや...」

    (´・ω・)「あのねぇ、みんな欠点補いながら頑張ってるのよ」

    (´・ω・)「お前みたいに障害や病気のせいにして甘えて逃げ道必死に探してる奴、本気で虫唾が走るわ」

    彡(゚)(゚)「...欠点とか、そういうレベルちゃうねん」

    (´・ω・)「はいはい始まった。自称障害者ちゃんの自分語り」

    (´・ω・)「ハイハイハイハイ辛かったでちゅね~♪」

    (´・ω・)「これで満足か?ガイジ」

    5
    彡(゚)(゚)「...もうええわ...」

    (´・ω・)「はい、逃げた。論破♪」

    彡(゚)(゚)「...」

    6
    多分これ作った奴も発達障害やろ

    8
    -回想-

    -小学時代-



    (^-^「ワイワイ」

    (-0-「ワイワイ」

    彡(゚)(゚)「おもろいな!ワイも混ぜてや!!」


    567

    >>8

    なんかもうこの時点で切ない

    9
    やめーや
    わいのアッ二発達障害おっさんになってから判明したんや

    13
    彡(゚)(゚)「ウヒャヒャヒャ!!!」

    彡(゚)(゚)「つば攻撃や!!」

    彡(゚)(゚)、「ペッ!!」

    (#^-^「...」

    彡(゚)(゚)、「ペッ!!」

    女子「キャー!!!!」

    15
    彡(゚)(゚)「おもろいな!!みんなワイのツバで楽しんでくれてるんやろなぁ!!」

    彡(^)(^)「ワイも楽しいし、みんなも楽しいしハッピーや♪」

    (#^-^「...」

    女子「...」

    18
    -翌日-


    彡(゚)(゚)「みんなおはよう!!」

    一同「...」シラー...

    彡(゚)(゚)「ファッ!?なんや!?」

    19
    これはガイの者やな…

    20
    (^-^「あっちで遊ぼうぜ~」

    女子「うんうん!!」

    彡(゚)(゚)「...何でなんや...!!」

    -その後、やきうと口を利いてくれる者はいなくなった...-

    彡(゚)(゚)「...」ポツーン...

    先生「やきうくん、どうしたの?」

    彡(゚)(゚)「みんなが無視するんや...」

    先生「...!!!!」

    22
    -学級会議-

    先生「みなさん、やきうくんが仲間外れにされているみたいです」

    先生「なぜ仲間外れにするのですか?」

    -ザワザワ...-

    (#^-^「あいつにツバかけられました」

    女子「私もです!!もうツバかけられた服は捨てました。お気に入りだったのに!!」

    彡(゚)(゚)「ファッ!?!?!?!?」

    24
    彡(゚)(゚)「なんやねん...みんな嬉しそうにしとったやん」

    (#^-^「嬉しいわけないだろう。お前頭おかしいのか?」

    彡(゚)(゚)「ファッ...ツバかけたらダメって事がわからなかったんや...すまんかった」

    女子「今更謝っても遅いよ。本当に性格が悪いよね」

    (#^-^「本当に。ツバかけたらダメって事くらい普通わかるだろ。クズ」

    彡(゚)(゚)「...涙」

    彡(゚)(゚)「すまんかった...ワイは遊んでたつもりだったんや」

    彡(゚)(゚)「ほんま、反省してる。すまんかった...」

    26
    発達障害の集団に板侵略されるってどんな気分や原ちゃん


    35

    >>26

    なんか草


    435

    >>26



    30
    -やきうの必死の謝罪により、和解が成立した...-

    -その後、徐々にやきうと会話してくれる生徒も増えた-

    --

    彡(゚)(゚)「一時はどうなるかと思ったが何とか助かったわ...」

    彡(゚)(゚)「ツバかけちゃいけないなんて、知らんかった...次からは反省して気をつけよう!!」

    32
    どっかで見たことある気がするんやが
    気のせいやろか

    33
    -体育の授業-

    先生「跳び箱してください!!まず男子から!!」

    三(^-^「...エイッ!!」

    一同「おおぉ~!!!」

    彡(゚)(゚)「...」

    36
    彡(゚)(゚)「なぁ、お前勉強の成績糞悪いのに運動神経だけはいいよな!!!」

    一同「シーン...」

    (#^-^「...」

    彡(゚)(゚)「勉強も頑張ればええやん!勉強ができれば完璧だったなぁ!!!」

    (#^-^「...」

    彡(゚)(゚)「なに怒っとるんやwww事実を言っただけやろwww」

    彡(゚)(゚)「お前は勉強の成績悪いやんけwwww」

    -シーン...-

    38
    自分がされたら嫌っていう想像力がないんよな

    42
    先生「次、女子の番」

    女子「...エイッ!!」ガタン!!


    彡(゚)(゚)「アハハハハハハ!!!!!!!!!!!!!面白い!!!ガタンやって!!!!!ミスってるやん!!」

    彡(゚)(゚)「お前は勉強そこそこなのに、運動はド下手糞!!!!!面白いわぁ!!!」



    女子「..........」

    44
    -翌日-

    彡(゚)(゚)「みんなおはよう!!」

    -シーン-

    彡(゚)(゚)「ファッ!?!?!?!?」

    彡(゚)(゚)「なんでや!!また、なんかワイがしてしまったんか!?」

    彡(゚)(゚)「すまん、何でまたワイが避けられるようになったんや!?」

    (#^-^「...」スッ

    女子「...」シラー

    45
    これコピペなんか?

    47
    -またもや、やきうはクラスでシカトいじめのターゲットになってしまった-

    彡(゚)(゚)「...なんでや...何がいけなかったんや...」

    -放課後-

    (^-^「...」ツカツカツカ

    彡(゚)(゚)「なぁ、謝るからワイの何がアカンか教えてくれへん?」

    (#^-^「んな事もわからねぇのかよ。クズ。本当に性格悪いなゴミ」スッ

    彡(゚)(゚)「謝るから、本当にわからないねん。頼む、教えてくれ」

    (#^-^「分からないならもういいよ。人間のクズ野郎」テクテクテクテク

    彡(゚)(゚)「...!!」

    49
    乳首蜘蛛か?

    51
    彡(゚)(゚)「何が悪かったんや...全く想像つかん...どうしたらええんや...!!」

    --


    -数日後-

    先生「やきうくん、また一人でいるね」

    彡(゚)(゚)「...誰も話してくれないのや...」

    先生「なにかしたとか心当たりないの?」

    彡(゚)(゚)「わからない...」

    先生「前回も君がツバをかけたからだよね...なんかしたんじゃないの?」

    彡(゚)(゚)「全くわからない...見当もつかないのや...」

    53
    -学級会議-

    先生「え~、またやきう君が避けられてる問題についてです...」

    一同「...」シーン...

    先生「何か知ってる事ありますか?」

    -シーーーーン-


    彡(゚)(゚)「僕からいいですか?」

    先生「どうぞ」

    彡(゚)(゚)「僕が何かやったり、何か言ったせいで怒らせたなら反省します」

    彡(゚)(゚)「でも本当に、何の言動で傷付けてしまったのか分からないんです」

    彡(゚)(゚)「お願いします。反省したいので、誰か教えてください...」

    54
    有能

    58
    (#^-^「お前、色んな人間に悪口言ってただろ...」

    彡(゚)(゚)「悪口?言った覚えがありません....」

    (#^-^「運動できないとか、勉強できないとか」

    彡(゚)(゚)「ファッ!?それは事実であって、悪口ではないのでは?」

    (#^-^「反省する気ないじゃんこいつ。もういいよ」

    先生「やきうくん、本当にそんな事言ったの?」

    60
    彡(゚)(゚)「はい、事実なので、悪口じゃないと思ってたので...」

    先生「やきうくん、あのね」

    先生「人には色々個性だったり、できる事とできない事があります」

    先生「できない事を責め立てるような事を言ってはいけません」

    彡(゚)(゚)「!!!!!!!!」

    彡(゚)(゚)「そうやったんか...ワイ、全然わからなかったわ...」

    彡(゚)(゚)「事実なら、言っていいと思ってた...」

    62
    落ちるぞ

    64
    彡(゚)(゚)「申し訳ありませんでした...ワイがどうかしてました」

    彡(゚)(゚)「今後は、相手のできない事を責めたりバカにしたりは絶対しません」

    (#^-^「そんな当たり前の事だろ。最初から言うなよ」

    先生「うんうん、皆の気持ちもわかるけど、やきうくんもちゃんと謝って反省してるから許してあげて」

    彡(゚)(゚)「本当に、今まで傷付けたみんなには謝ります...ごめんなさい」

    (#^-^「...」

    女子「...」

    65
    他人を平気で傷つけるし自分の言った事でなぜ人が傷つくかも分からないのにこのやきう民は原住民に言われた事には傷つくのか?

    70
    こんなやつおるんか?

    71
    -やきうの家-

    彡(゚)(゚)「ツバをかけてはダメ、事実でも他人の欠点を言ってはだめ」

    彡(゚)(゚)「よし、ノートにメモしておこう」カキカキ...

    彡(゚)(゚)「こうやってノートにメモする事で、自分が他人に嫌われる要素を消していこう!!」

    彡(゚)(゚)「努力するで!!ワイは友達と仲良く遊びたいだけなんや!!」

    74
    これなんて病気や?
    アスペ?

    75
    -学校ではやきうを軽視する生徒も居たが、それでも少しづつクラスに溶け込めるようになっていった-

    --

    彡(゚)(゚)「...無視してた連中もちょっとづつ無視を解いてきてくれてる...」

    彡(゚)(゚)「有り難い事やで。毎日謝った甲斐があったわ...!!」

    --

    -休み時間-

    (*^ω^「昨日の映画みた~?www」

    (^-^「見たwエロシーン凄かったw」

    女子「ちょっと変態!!」

    彡(゚)(゚)「ワイの右手にホクロあるんだよね...」

    79
    ガチガイジはハブられても気づかんし気にしないやろ

    80
    -シーン...-

    (*^ω^「ホクロ?ふーん...で、昨日の映画の女優綺麗だったよな~」

    (^-^「そうそう!!!!あいつまじで体いいわ~!!」

    女子「そういう所しかみてないじゃんwww」

    彡(゚)(゚)「ワイの右手にホクロあるんだよね...」

    -シーン...-

    (*^ω^「...ん?」

    彡(゚)(゚)「ワイの右手にホクロあるんだよね...」


    201

    >>80




    357

    >>80

    ここすき

    81
    ワイの職場にガチアスペおるが発達の方が反省できる分いくらかマシなんかも知らんな

    84
    (^-^「もうそれいいから」

    女子「今その話違うでしょ。シラける」

    彡(゚)(゚)「ワイの右手にホクロあるんだよね...」

    -シーン...-

    (*^ω^「...まぁいいよ。昨日の映画の後のバラエティみた?」

    (^-^「見た見たwww宮迫のあのギャグwww」

    女子「マネしてよ~!!」

    (^-^「宮迫でぇす!!!」

    一同「ハハハハハハハ!!!!」

    彡(゚)(゚)「ワイの右手にホクロあるんだよね...」

    -シーン...-

    86


    87
    今のところ全部自業自得だけど発達障害の人ってほんまにこれ自分が悪いんじゃなくて発達障害だから、病気だから仕方ない的な言い訳してるんけ?


    112

    >>87

    自分が悪いことしたことにすら気づかない


    93

    >>87

    せやで
    受け入れない周囲のせいにする

    88
    女子「何コイツ...」

    (^-^「もうシカトでいいでしょ」

    (*^ω^「まぁまぁ、ていうかもっかい宮迫して!!」

    (^-^「宮迫でぇす!!!」

    一同「ハハハハハ!!!!!」

    彡(゚)(゚)「ワイの右手にホクロ...」...

    女子「宮迫~!!www」

    (*^ω^「本当に宮迫ギャグ面白いなお前www」

    彡(゚)(゚)「...」


    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1559215882/