少年「殺人、強○、屍○したけどドラえもんがなんとかしてくれると思った。」



    1
    1999年4月14日の午後2時半頃、当時18歳の福田孝行が山口県光市の社宅アパートに強姦目的で押し入った。
    排水検査を装って居間に侵入した福田は、女性を引き倒し馬乗りになって強姦しようとしたが、女性の激しい抵抗を受けたため、女性を殺害した上で強姦の目的を遂げようと決意。頸部を圧迫して窒息死させた。

    その後福田は女性を屍姦し、傍らで泣きやまない娘を殺意をもって床にたたきつけるなどした上、首にひもを巻きつけて窒息死させた。
    そして女性の遺体を押入れに、娘の遺体を天袋にそれぞれ放置し、居間にあった財布を盗んで逃走した。

    福田は盗んだ金品を使ってゲームセンターで遊んだり友達の家に寄るなどしていたが、事件から4日後の4月18日に逮捕された。
    最初は反省したような態度を見せたが一変し「ドラえもんがなんとかしてくれると思った。」などと発言している

    2
    弁護団と元少年の主張。

    18歳の少年が単なるピンポンダッシュと同じような悪戯感覚で作業服を着て排水溝検査の職員のふりをしたところ
    母親の雰囲気の女性がいたので母恋しさ、甘える気持ちで抱きついたら抵抗されたのでもっと甘えようとしたら殴ることになってしまった。

    そして母親と遊ぶ気持ちで甘えようと抱きついたら女性の首を馬乗りになって親指で圧迫することになってしまい、予想外に窒息死してしまった。

    その行為の後、本人にも理解不能だがなぜか腹部の一部が大きくなってしまい、これが見つかったら怒られるととっさに思い、隠せる場所がないか探したところ
    女性の下腹部になぜかちょうど良い隠しやすい大きさの穴が開いていたのでそこに下腹部の一部を入れて隠すことにした。

    隠したら精液が出たけどそれは本人にいやらしい気持ちがあったのではなくて単なる夢精と同じ生理現象である


    31

    >>2

    なんやその古事記みたいな話


    57

    >>2

    発想が天才のそれでしょ


    98

    >>2

    ソープみたいな言い訳

    3
    傍らで女性の娘の乳児が泣き止まないので、あやすつもりで両足をもって高い高いしようとしたらうまくいかなくて両足を持って床に叩きつける行為になってしまった。

    それは本人に悪気があったからではなく、乳児のためであり、その証拠に乳児の首を紐でちょうちょ結びにしてオシャレさせてあげようとした事からあきらか。
    ちょうちょ結びの結果、乳児は死亡したが、これは故意ではなく結果である。
    そしてなぜか動かなくなってしまった二人を元の通りに動かそうと考えた末に、ドラえもんに頼むことを思いついた。

    ドラえもんは押入れにいるので二人の服を脱がせて押入れにしまいこんで、本人は近くにおいてあった財布をもってファミリーレストランで食事をした後にゲームセンターに向かって遊んだ。
    よって、凶悪性はまったくない、単に不幸な結果が重なった事件である。

    6
    この事件を弁護した弁護士
    安田 好弘
    兵庫県生まれ一橋大学法学部卒業
    大学時代には全学共闘会議運動の活動家として活動し、弱者保護を主張。弁護士となったのちは、月に1度しか家に帰らず、事務所で寝泊まりしながら仕事をすることもある

    死刑が求刑された事件の刑事弁護を数多く担当し、死刑判決を多数回避させてきた経歴を持つ死刑廃止主義者。 また、大手マスメディア、テレビなどの出演依頼はほとんどるマスメディア嫌いとしても知られる

    1975年 一橋大学法学部卒業
    1977年 29歳で旧司法試験合格
    1980年 司法修習32期修了し弁護士に
    1999年 死刑廃止運動への貢献が認められ多田謡子反権力人権賞受賞

    7
    差戻し審における安田弁護士の主張
    母子殺害は計画的では無かった (計画性がないことは最高裁判所によっても認定された )
    これらは、
    一見すると荒唐無稽なものであったが、事件を扱った家庭裁判所調査官の記録や、専門家の分析に裏付けられたものであった。

    母親の殺害について
    被告人は思春期に母親の自殺を目撃しており、母親に甘えたい気持ちから被害者女性に抱きついたところ、大声を出されたので口をふさいだ。しかし手がずれ込んでしまい、首が締まり女性を死に至らしめてしまった。

    これは今の日本の法律では傷害致死にあたる。犯行の際に水道屋の格好をしたのはままごと遊びの一環であり犯行に計画性はない。


    243

    >>7

    こいつがしんでほC


    34

    >>7

    こういうのって言ったもん勝ちなん?

    8
    滑ってるよな

    9
    母親の屍姦について
    その後少年が母親の死体に性的行為を行った件については、相手がすでに死んだ後に行っているので強姦罪には当たらない。

    性行為は被害者の生命を救うための魔術的な儀式であり被告人は精子が人間を復活させると信じていた
    赤ん坊の殺害について
    赤ん坊を床に叩きつけたのは、本人の意図としては赤ん坊を泣き止ませる為。
    赤ん坊を泣き止ませようと、首にちょうちょ結びをした所、きつく締まり過ぎてしまい、赤ん坊は死んでしまった。これも傷害致死にあたる。

    被告人の責任能力について
    被告人は精神の発達が遅れており、その精神年齢は12歳程度である。

    11

    リンク切れ


    リンク切れ



    58

    >>11

    不幸なことに黒塗りの...

    14

    リンク切れ


    リンク切れ


    17
    犯人が死刑判決を免れ無期懲役判決が下ったときに友人に送った手紙

    『勝ったと言うべきか負けたと言うべきか?何か心に残るこのモヤ付き・・・。イヤね、つい相手のことを考えてしまってね・・・昔から傷をつけては逃げ勝っている・・・。
    まあ兎に角だ。二週間後に検事のほうが控訴しなければ終わるよ。長かったな・・・友と別れ、また出会い、またわかれ・・・(中略)心はブルー、外見はハッピー、しかも今はロン毛もハゲチャビン!マジよ!』

    『知ある者、表に出すぎる者は嫌われる。本村さん(夫)は出すぎてしまった。私よりかしこい。
    だが、もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。ヤクザはツラで逃げ、馬鹿(ジャンキー)は精神病で逃げ、私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君』

    『五年+仮で8年は行くよ。どっちにしてもオレ自身、刑務所のげんじょーにきょうみあるし、速く出たくもない。キタナイ外へ出る時は、完全究極体で出たい。じゃないと二度目のぎせい者が出るかも』


    141

    >>17

    ほんまニッチャニチャやな

    19
    まあ弁護せなあかんししゃーない

    21

    リンク切れ



    101

    >>21

    野田洋次郎じゃん


    249

    >>21

    酒鬼薔薇もそうやったし極細一重はアカンな


    28

    >>21

    透明ガールやん


    29

    >>21

    こんなガイジを死刑にしたのは有能


    41

    >>21

    見事な朝鮮人顔だな


    50

    >>21

    やったぜ


    67

    >>21

    国籍が特殊そう

    23
    言うほど無能タヌキになんとかできるか?

    24

    リンク切れ

    (大月=福田)

    リンク切れ


    27

    リンク切れ



    リンク切れ

    無能集団


    39

    >>27

    この2枚目のダメな部活動感ほんときらい

    30

    リンク切れ


    リンク切れ


    32

    リンク切れ


    リンク切れ


    33
    魔界転生も言ってなかった?


    46

    >>33

    弁護団が魔界転生読破したエピソード好き

    37
    じじいも生きてるし
    このキチガイ殺人犯も生きてる

    死んだのは被害者だけ

    40
    弁護人は全力でやるしかないのはわかるけどここまで嘘臭いストーリーだと被告人の不利益にならんのか?


    52

    >>40

    依頼人がそう言うんやからしゃーない

    42
    弁護するのは当然にしてもこれが弁護団の出した最善策やったんか

    44
    反省ゼロの手紙を晒した知人に
    ベストアシスト賞をあげたい


    171

    >>44

    さすがにあんな手紙もろたらどんな悪人でもドン引きやろ

    45
    この事件だっけ?旦那さんがずっと事件現場のアパートを解約しないで借りてたの

    47

    リンク切れ


    リンク切れ


    リンク切れ


    53
    弁護士も凄かったなこれ

    54
    「僕は死刑になって、来世で弥生さんの夫となる可能性がある」。

    山口県光市の親子を殺害した元少年が拘置所で語ったとされる証言が、事件の差し戻し控訴審で明らかにされた。

    「遺族としては、じっと歯を食いしばって弁護側被告人の話を聞いていた」(遺族 本村 洋 さん)

    8年前の本村洋さんの妻、弥生さんと長女の夕夏ちゃんが殺害された事件の差し戻し審で、弁護団の依頼により被告の元少年を独自に精神鑑定した大学教授が証言した。

    元少年は、教授との面接でこう話したと言う。

    「ぼくは死刑になって、弥生さんと夕夏ちゃんと来世で会う。再会したときに弥生さんの夫となる可能性がある。そうなると洋さんに大変申し訳ない」(元少年が語ったとされる証言)」

    そして元少年は、こうも語ったという。

    「弥生さんは、洋さんが怒っているのを喜んでいないと思う」(元少年が語ったとされる証言)


    72

    >>54

    ストレスでどうにかなりそうやな

    56
    クズを擁護して金と名誉を得る弁護士とかいう下衆な職業

    59
    このきちがい弁護士がまともに弁護してれば死刑は免れてたんやろな


    64

    >>59

    友人への手紙で心証最悪だから無理ちゃうか?

    60

    リンク切れ


    リンク切れ


    リンク切れ


    リンク切れ


    リンク切れ



    119

    >>60

    忌み子過ぎやろこいつ


    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1552139230/