カモノハシとかいう意味不明な生命体



    1
    哺乳類のくせに嘴有り
    哺乳類のくせに卵生
    哺乳類のくせに有毒
    哺乳類のくせにうんちを出し入れする穴で交尾

    なんやこいつ…


    3

    >>1

    カモノハシはカモノハシでしかないぞ

    2
    半分以上なんj民にも当てはまるよね


    17

    >>2



    5
    しかもそこそこ可愛い

    7
    鳥要素しかない哺乳類

    11
    哺乳類認定するほうが悪い

    12
    哺乳類のくせに乳首ないぞ


    25

    >>12

    母乳で育てないんか?

    16
    ご先祖が鳥と鼠かなんかの合いの子だったんやろ多分


    27

    >>16

    神話だと不倫

    20
    しかも悪の発明家と戦ってる

    24
    人間も肛門で性交するやん

    30
    単孔目(カモノハシ目)は、現存する哺乳類としては唯一、爬虫類や鳥類のように卵を産むグループとして知られている(卵生である)。
    (大部分の鳥類と同じように)母親が卵を温めて子を孵化させ、孵化した子は(他のすべての哺乳類と同じように)母乳によって育てられる。
    母親は他の哺乳類のような乳首をもたず、子は母親の乳腺から染み出した乳をなめている。

    爬虫類や鳥類と同様の総排出腔をもつ。尿や糞の排出も生殖も、全てここで共通に行われる。

    内温動物であるが、気温により保ちうる体温が変動するなど、有胎盤類や多くの鳥類に比べ、体温調節能力が低い。

    以上のような特徴から、単孔目(カモノハシ目)は、進化史の中で、
    非常に早い時期(おそらく三畳紀)に他の全ての哺乳類のグループと分岐したと考えられ、現生哺乳類で最も原始的なグループとされる。
    そのため、このグループは、「原獣亜綱」として、亜綱のレベルで他の哺乳類(獣亜綱)と区別されている。

    カモノハシが卵生であって、しかも嘴を持つことから、一般書では時に
    「単孔類は鳥類と哺乳類の中間型」と説明されていることがある。
    これは全くの間違いであり、上記のように爬虫類段階から哺乳類が進化する早い段階に分岐したものと考えられる。
    嘴は見かけ上の類似にすぎず、構造も異なる上、近縁のハリモグラには嘴はない。

    31
    嘴やらかいて書いてるやん

    38
    目痛いから、水中では目つぶって泳ぐの草

    40
    鳥じゃないのか?
    なんで哺乳類なの?


    49

    >>40

    飛ばへんし羽もないし

    42
    うんちの穴を交尾に使う
    有毒(陽性)
    なんJ民の何割かは当てはまりそう


    45

    >>42

    ケツイクゥ


    48

    >>42

    淫夢で相当増えたやろな

    44
    水中では痛いから目開けられんけどクチバシで生体電流感じて獲物を探すとか高機能すぎるやろ

    47
    赤ちゃんキモヨ

    リンク切れ



    50

    >>47

    めちゃくちゃかわいい


    51

    >>47

    もんがーやんけ


    52

    >>47

    ひろゆきの息子かな?


    55

    >>47

    カンテーれ

    54
    明らかに哺乳類じゃないこいつを哺乳類認定するのおかしくね
    こいつだけの新類つくるのそんなに嫌なんか


    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1549226766/