小学生「地震だ!津波くるから裏山に逃げなきゃ!!」教師「!!」シュババババババ



    1
    「整列!!点呼!!(不在の)校長先生に連絡!!!!」

    数十分後津波方向に進軍し全滅

    避難ルート

    リンク切れ


    教師の指示を無視して裏山に逃げ助かった4人の有能の1人

    リンク切れ


    リンク切れ


    リンク切れ



    46

    >>1

    助かった子なんかガイジくさいな

    3
    言うても教師も死んでるから叩きがいがない

    7
    これが本当の反面教師

    8
    そういうルールやったんやろ
    教師はルールに従っただけやから正しくて教師を叩いとるガキ遺族のゴミ共はキチガイのゴミや
    おかしかったのはルールの方


    19

    >>8

    教師内のイニシアティブ争いでグダってる内に皆死んだんだぞ

    10
    ちょっとでも高い方に逃げるって頭にあったら全員助かってたのかもな

    11
    これの逆も起きてほしい


    13

    >>11

    裏山に逃げて全員助かった小学校もあったやで

    15
    あの状況で100%正解を出せ言うのは厳しいんちゃう?せやから2万人以上も飲まれたわけやし。

    21
    だいたいジャップ国でお偉いさんに頭下げさせてその後具体的な改善が成された例なんてあるか?ねえだろ

    24
    ワイも震災ボランティアで海岸線にいたら地震きたけど
    社会福祉協議会のやつら震度5のあとその場で待機、万が一の場合はバスで避難って言ってて草やったわ
    とりあえず近くの山に目星つけたわ


    27

    >>24

    助かったんか?

    26
    これに比べて琵琶湖さんは有能で助かるわ
    サンキューマザーレイク

    30
    生き残った教師も鬱バリアーで責任回避してるとかどんだけ公務員守られてるねん


    60

    >>30

    これまじ?

    32
    まぁでも先生も死んどるんやろ?

    36
    津波が来た時に広場に集合する意味なくない?
    これ火事の時の避難経路やろ

    37
    ちゃんと言うこと聞いてたら親は莫大な賠償金貰えたのに

    38
    戦争絶対負けるよな

    39
    ガイジ教師「津波が来るぞ!川に逃げろ!」
    生徒「こんなガイジに付き合ってたら殺される!山に逃げるぞ!」
    ガイジ教師「どこ行くんだ!戻れ!みんなで川に向かって行進だ!」
    生徒「嫌だ!死にたくない!」

    全員死亡


    これもはや悪魔か何かだろ


    51

    >>39

    ハーメルンの笛吹き定期


    67

    >>39

    正しくデスマーチやね


    97

    >>39

    男塾でそういう話ありそう

    41
    三角地帯に全員の避難が間にあったとして助かった可能性はあったんか?


    109

    >>41

    高さが足りずに津波に飲まれてた


    117

    >>41

    三角地帯まで津波きてるからないで

    45
    いくらマニュアルでも津波で川や海に向かって逃げる馬鹿がどこにおるんや
    教師もガイジだし教師を擁護する奴もガイジや

    52
    海岸沿いでロケしてたサンドウィッチマンとスタッフは地震起きた直後に海から離れる判断して助かったって言ってたわ


    66

    >>52

    気仙沼の火災で山から下りれなくなったんやっけ

    57
    一般人「過去に津波が襲った所には住まない」

    東北土人「ンホホンホホ」


    101

    >>57



    63
    全員で特攻してれば津波止められてた可能性

    64
    どんなマニュアルだったのか

    68
    津波被害受けたインモメンって実際テレビの津波映像トラウマになったりしてんの?

    69
    教師も死んどるのに教師にブチ切れてるのほんまサイコパス


    76

    >>69

    親はしゃーないわ
    自分が死ぬより悲しいもの

    72
    いくらマニュアルでも大津波警報出てる時に川に向かって行進するか???
    マニュアルでア○ルに爆竹入れて火をつけろって書いてあったらその通りにするんか?

    81
    先生の指示を無視して生き残って嬉しいか…?

    83
    こんなん結果論やろ
    津波に対する知識と危機感が無かったのが原因


    105

    >>83

    結果論じゃなくね?


    118

    >>83

    低学歴そう


    93

    >>83

    結果論じゃなくて草

    88
    地震きたらほぼ津波くる地域やのにマニュアルがガイジやろ

    92
    一方、陸では非常事態を知らせるサイレンが鳴り響く中、防災無線により「高台の安全な場所に避難してください」と、何度も放送された。
    しかし、第2波の津波の後くらいから、呼びかけが一変した。「避難してください」から「避難せよ!」に変わったのだ。また、「緊急避難命令」という言葉も多く使われた。どちらも大洗町では初めて使われた言葉だ。

    そもそも「緊急避難命令」という言葉は、法律・行政上は存在しないそうだ。「~命令」とした場合、"義務"が発生し、怠った場合はペナルティーが伴う。
    しかし、本来は避難をしなくてもペナルティーを科せられるものではないということで、その命令口調の言い方には異論もあったという。

    しかしそれは「いったん避難した人が家に戻ることがないように」という安全を第1に考えた上司からの命令でそのような口調に変えたのだと、大洗消防本部の関根政起消防司令長は話す。

    この命令口調で放送する指示は、最終的には大洗町長が決断したことである。その理由は、住民がどう受けとめて、どう行動すればいいのか、そこで迷いが生じないように命令口調に変えたそうである。
    そこには「1人の犠牲者も出してはならない」という強い決意がうかがわれる。また、放送にあたり特徴的な言葉を使うように心がけたという。

    「より具体的に、そして身近な言葉でしゃべらないと住民には伝わらないし、大勢の方に分かってもらうためには、いろんな言い方をしなければ伝わらない」と関根消防司令長は話す。

    結果的に、その命令口調と具体的な避難放送により「今回の震災は尋常ではない」と判断して避難したという方は多い。「~してください」では避難しなかったと思うという町民も実際にいたという。


    114

    >>92

    大洗はあの大渦と津波に遭っても死者ゼロだったんよな


    123

    >>92

    かっこE


    149

    >>92

    すっごい有能


    152

    >>92

    ド有能


    157

    >>92

    「第二波の後に」
    意味ないよね


    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1546346209/