なろう主人公「金属は焼き戻しをして硬くて折れ難くくするんだ」異世界ロリ「のじゃぁぁ…」(キラキラ



    1

    リンク切れ


    リンク切れ


    リンク切れ



    548

    >>1

    剣溶けてない?

    2
    ステマ

    6
    オラァ
    パァン


    11

    >>6

    ヴァニラさん

    7
    主人公「今ある知識で天才に近づきたければ周りのレベルを下げればいい」


    104

    >>7

    名言

    8
    はぅぅぅぅ

    13
    貴重な飲み水がああ

    14
    「結界なんてあったの?気がつかなかったよ」

    どうやらこの地上に惹かれた白い線のようなものが「結界」だったらしい。

    「馬鹿な!どんな物も触れただけで一瞬で灰になる結界だぞ!?ありえない!!」
    騎士団長が叫ぶ。

    よくわからないけど、また俺は何かやってしまったようだ。まあ、いいや。
    何か叫んでいる騎士団長を無視して俺は宣言した。
    「いずれにしてもこれで俺たちの勝利は確実に…」

    「危ない!あれを見て!」

    と、姫騎士のナナが指差す虚空に、いつの間にか白く光る光球が静かに輝いていた。

    …と思った刹那、光球は突然俺に向かってまっすぐに飛んできた!

    ーー避けるか?いや間に合わない!

    俺は握った剣を振りかざすと、飛んでくる光球を一閃。
    魔力の込められた俺の剣に当たった光球は飛んできた勢いでそのまま打ち返される。

    しかし、それで終わりにはならなかった。

    光球は一塁手の明石から捕手の細川に送球され、本塁封殺。そして、細川から再び一塁へ送球。
    この時、打者走者の西岡がラインの内側を走り、守備妨害と判定され、ゲームセットとなった。
     和田監督は、ベンチから飛び出し抗議したものの、判定は覆らず。歓喜の鷹ナインとは対照的に阪神ベンチは、しばらく呆然としたままだった。

    阪神、西岡のまさかの守備妨害で終戦…和田監督の抗議も実らず

    2014.10.30 22:58

    リンク切れ



    132

    >>14

    これすき


    148

    >>14




    169

    >>14

    クソ以下の前半から最高のクライマックス


    192

    >>14




    25

    >>14

    野球あんま知らんけど中学校の授業レベルで草


    301

    >>14

    珍カスwwwwwwwwwwwwwww


    38

    >>14

    初めて見たわ草生える


    465

    >>14

    このなろう主人公の現在の所属ギルドが気になる


    485

    >>14

    大爆笑


    54

    >>14



    15
    なんではうぅううとかのじゃぁああとか一々気持ち悪いのこいつら


    122

    >>15

    野球スレ以外でもコテつけるようになったんか…


    95

    >>15

    コテハンを使ってるのと大差ない気持ち悪さやけどな

    19
    早くお漏らししろよ

    23
    飲み水返せ

    24
    鉄だから油につけろとかそういうこと?

    26
    のじゃおじパクんなよバーカ

    29
    叩いただけで固さが八倍になってると分かる異世界人の方が凄い定期


    36

    >>29

    非破壊検査のプロ

    31
    これがほんとの付け焼き刃の知識ってか


    33

    >>31

    は?キモ

    34
    飲み水そんなとこにそんな風に置いておくなよ

    40
    キモすぎ

    43
    魔法でコーティングするならそれでええやんけ定期


    85

    >>43

    これな

    46
    古代ギリシャ人「256/81≒3.1605 が円周率の近似値であると定義すれば高精度に円積を求めることができるのではないだろうか」

    古代ローマ人「蒸気をエネルギーに変えることで運動を続ける機械を作ったぞ」

    古代中国人「貨幣価値は経済動態の尺度である。貨幣価値変動の原理をわきまえると、国家の財政が放漫であるか緊縮であるかがわかる。財政の状態を的確に把握して初めて、生産全般の調整が円滑に行われるのだ。
    財政が緊縮にすぎれば生産はふるわない。財政が放漫にすぎれば商品価値が下がる。なぜなら、緊縮財政のときには金づまりになり、貨幣の相対的価値は上がる。したがって購買力は減少し、設備投資も少なく、ひいては生産がふるわなくなる。逆に財政が放漫なときには・・・」


    106

    >>46

    円周率なんて簡単に求められるのにガイジやん


    461

    >>46

    その中国人の話マジなん?


    463

    >>46

    この古代中国人の話は何の本で読めるんや?

    49
    こいつらともセ○クスしてるってマジ?

    51
    硬さ8倍もやばいわHRC2000くらいか?


    60

    >>51

    コーンが欠けるんやで


    67

    >>51

    妖精さんの単位がMPaとは限らんぞ

    53
    焼き入れって実際あるけど8倍も硬くならんよな?


    70

    >>53

    異世界の金属は焼入れ性がメチャクチャ良いんだぞ

    57
    この話でエロ展開あるの意味わからん

    61
    なろう漫画スレの大将格の物理さんがなろうじゃないってなんJで知って草生えた

    63
    どうせ敵が接待してくれるんだからこんな作業必要ないだろ

    66
    往年の名作

    鋼鉄に染まった身体でこちらに向かう誠也。その彼に僕は瓶を投げつけて、瓶に入っていた液体が彼の全身に降りかかる。

    「なんだ……コレ?」

    「皆、一斉に矢を放て」

    僕の言葉に再び矢を放つゴブリン兵。だけど今度はその矢に火が付いていて、誠也の身体が炎に包まれる。

    「火だろうと俺のスキルが破られ……がぁ……ぁ?」

    炎の熱によって彼の鉄がドロドロに溶けていく、鉄が溶ければそこは元の身体に戻っていて。
    誠也は地面に身体を叩きつけながら苦しそうな呻き声を上げる。

    「あああぁぁあッ!? 熱い、熱い! がぁぁぁ!」

    ずっと同じあるいは似たような単語を呟き続け、地面に転がる誠也。その打ち上げられた魚のような姿を見ながら僕は微笑むと。

    「知っているかい? 鉄は熱に弱いんだ。これ小学生レベルの知識だよ」


    185

    >>66

    鈴木誠也なにしてんの


    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1542943134/